手作り結婚指輪 ・婚約指輪「モーブ」MOUV|自由が丘 

2021/12/11 23:50

永く身につける結婚指輪は、デザインや品質はもちろん、サイズ選びも悩めるひとつではないでしょうか?

段はジュエリーやアクセサリーを身につける機会が少なく、結婚指輪が初めて身につける指輪だという方もい多いと思います。


そこで、本日は永く安心して愛用できる指輪のサイズ選びに関してお伝えします。


〔サイズ選びのポイント〕

  1. サイズを選ぶ4つの手順

  2. サイズは季節や体調の変化で変わる

  3. ライフワークや関節がしっかりしている方にあったサイズの選び方

  4. サイズが合わなくなってしまったときの対処方




1.サイズを選ぶ4つの手順

MOUVでは、リングサイズゲージという指のサイズを測る道具を使用します。
1号〜30号までが束になっているので、まずはこのくらいかな?というサイズから指にはめてみてください。

ご依頼いただく指輪のサイズは0.5号刻みで制作が可能です。



①指の根本まで入れる

物を持ったり手先を動かしたりと、手指は日常的によく動かす部分です。指輪は指の根本につけると安定感があり、日常動作にも違和感が生じにくくなります。



②圧迫感がないか、ゆるくないかを確認する
まずは、リングサイズゲージをつけた状態で数回、手をグーパーと握って開く動作を繰り返してみてください。
サイズがきつい場合には、握ったときに強い圧迫感を感じます。ひとつ上のサイズをつけ直して同じ動作をお試しください。



③外すときに簡単に抜けずに、ひっかかりがあるかどうか

指の肉や皮膚、関節に引っかかりながら外せる状態がベストです。痛みはなく、指輪を左右に動かしながら少しずつ動かし抜けるサイズ感が安心です。

全く引っかかりがないと、水や石鹸で簡単にすべって抜けてしまったり、着替えの際に衣類にひっかかって知らないうちに抜けて紛失してしまう可能性がありますのでご注意ください。



④リングサイズゲージをしばらくつけたまま過ごす

ご希望のサイズが決まったら、そのリングサイズゲージをしばらくつけたままお過ごしください。
①〜③の方法を試しても、ずっと身につけていると圧迫感を感じてきたり、あるいは指が慣れてきてゆるく感じる場合があります。
店頭でご計測いただく場合には、デザインのお打ち合わせ中にしばらく身につけていただきます。
ご自宅でご計測される場合には、そのまま数時間、日常動作をお試しいただいたり、朝夕で時間帯を変えてご計測ください。



2.サイズは季節や体調の変化で変わる


指のサイズは1日を通して、また、季節によっても多少変動することをご存知でしょうか?


〔むくみによる変化〕

午前中は指にむくみが出やすい

長時間、身体を横にして睡眠をとっているため、寝起きや午前中は上半身に水分が溜まっていることが多いです。寝起きに顔がむくんでいる状態と同じですね。

それが1日の生活を通して重力により水分や血液が下にがっていくため、夕方に足にむくみが出てくるのです。(※生活スタイルによる変動や個人差があります。)


また、前日にお酒や塩分の高い食事をとっていたり、寝不足や体調の変化によってもむくみが生じることがあります。


〔季節による変化〕


夏は指輪がきつく感じやすい

気温が高く、汗をかいたり体温が上がることで指の血管が膨張する時期です。

湿度も高くなり、指輪と指の摩擦が生じやすいことから、外しにくさを感じます。


また、水分や冷たいものを多く摂取したり、冷房が効いた環境に長く居ることで身体が冷え、代謝が悪くなりむくみにつながることがあります。


冬は指輪がゆるく感じやすい

気温が下がり、寒さで指の血管が収縮するため指がほっそりする時期です。

さらに、乾燥により肌の水分も少なくなるため、指輪と指の摩擦が軽減され、指輪が動きやすかったり簡単に外せる感覚を持つ方が多くなります。




3.ライフワークや関節がしっかりしている方にあったサイズの選び方


上記の「1.サイズを選びぶ4つの手順」「2.体調や季節による変化」は、サイズ選びの基本知識です。

これからご自身が永く指輪を身につけていくために、好みのつけ心地やライフワークに合わせた視点も取り入れてみましょう。

指輪はずっとつけたまま?つけ外しが多い?

1日中、あるいは年間を通して「基本はつけたまま過ごす」という方は、ずっと身につけていて違和感のないサイズ感を優先にお選びいただくと良いでしょう。

個人差はありますが、体調や季節によるサイズの変動は0.5号程度のため「1.サイズを選びぶ4つの手順」によって計測したサイズなら安心です。



お仕事や家事育児、趣味などので「つけ外しを頻繁に行う」場合は、スムーズなつけ外しができることをサイズ選びの条件に加えるといいでしょう。
つけ外しがストレスになり指輪をつけなくなることが一番寂しいですもんね。
「1.サイズを選びぶ4つの手順」をしっかり確認した上で、③のひっかかり具合に少しゆとりを持たせてあげるといいと思います。



「お休みの日やたまにしかつけない」という方は、体調や季節によるサイズの変化を体感しやすいです。

「1.サイズを選びぶ4つの手順」をしっかり確認した上で、ほんの少しゆとりを持たせたサイズ選びがいいかもしれませんね。

また、たまにしかつけない場合は多少ゆるくても常に指輪に意識が向きやすいため、気付かぬうちになくしてしまうといったことも少ない傾向にあります。



関節がしっかりしていてサイズ選びに悩む場合

第二関節が張っている方は、関節に合わせてサイズを選ぶと根本でゆるく感じ、根本に合わせて選ぶと関節を通すときに無理をしなければいけなくて不安ですよね。


つけ外し頻度が少ないようでしたら、ある程度、指の根本に合わせたサイズ選びをおすすめします。
関節に合わせてしまうと、根本と関節の間で上下に動きやすく日常生活の中で気になってしまうことが多いためです。

つけ外し頻度が多いようでしたら、簡単に抜けてしまわない程度のひっかかりがある状態で、関節をスムーズに通せるサイズをお選びください。


いずれにせよ、関節がしっかりしている方は根本で指輪が回転してしまうことを避けられません。

そんなときMOUVでは、正面をつくらない指輪のデザインをおすすめしています。


くるくる回ったときにどこが正面にきても違和感のない規則性のあるデザインや、反対に素材のコンビネーションやテクスチャーを組み合わせて、回転してもその時々の表情の違いを楽しめるデザインなど、お好みに合わせたご提案をしていますので、お気軽にご相談ください!




4.サイズが合わなくなってしまったときの対処方


どれだけ注意深くサイズを選んでも、サイズの変化が起きてしまうことがあります。


まずは、しばらく様子をみてください

特に、購入後すぐのゆるい・きついの感覚は少なくとも1ヶ月程度、様子をみてみてください。

ご依頼時期と指輪の完成時期で気温の差による影響を受けていたり、つけ慣れていないがゆえにサイズに違和感を感じやすい時期です。

日常的に身につけるようになり、一定期間お試しいただくことでサイズ感が安定してくる場合があります。


また、女性の方でご妊娠・出産を通してサイズが変化することが多くあります。

ご妊娠中は安全のために長期間、指輪を外してお過ごしいただいていると思いますし、ホルモンバランスによって体型の変化がおきやすい時期です。

個人差はありますが、焦らずに産後1年ほど様子をみていただくことをおすすめいたします。


どうしてもサイズが合わない場合はメンテナンスでサイズ調整

しばらく様子をみてもサイズ感が安定しない、または、まったくサイズが合わなくて入らない・簡単に抜けてしまうという場合は、サイズ調整を承りますのでご安心ください。


指輪の状態やご希望のサイズにによってご案内方法は異なりますので、まずは一度MOUVへご連絡ください。

〔サイズ調整のおおよその目安〕
費用:¥5,000〜¥15,000-(1本/税込)

期間:約15日程度お預かり



いかがでしたでしょうか?
皆さんのサイズ選びへの不安が少しでも軽減できましたら幸いです。

来店せず、ご自宅からオンラインオーダーをご検討の方には、無料でリングサイズゲージのお貸出も行っております。
お気軽にご相談ください。

▶︎リングサイズ貸し出しサービスについて