手作り結婚指輪 「モーブ」MOUV|自由が丘 

2019/03/07 20:55

“どちらも白い金属だから「白金」?”

プラチナとホワイトゴールドの大きな違いは

素材の構成物質と色味の違いです。


どちらも白くてお値段だけが違う金属だと

思っている方も多くいらっしゃいますが、

実は色味にも大きな違いがございます。


《 左からプラチナ900、K18 ホワイトゴールド、シルバー925(ロジウムメッキ)》


 

一番白い金属は

プラチナでもなく

ホワイトゴールドでもなく

「シルバー」

 

1.

【色味の違い 

白に近い色←・・・・・・→グレーに近い色

シルバー > プラチナ > ホワイトゴールド


多くの人が間違って知っていることが

「純白な金属=プラチナ」です。


シルバーは変色しやすいというデメリットのせいで

現代に入ってその評価が下がってしまったのですが、

実は古代から使われているとても優れた金属なのです。

白系の金属の中では最も「白」に近くて

光の反射率が98%程度の高いことから

美しい金属光沢を持っていると言われる金属が

「シルバーです。


それに比べプラチナ」はやや落ち着いた白と

硬い性質た不変性などの特徴から現代になっては

結婚指輪として沢山使われるようになりました。


3つの金属の中では最もグレーに近いのが

「ホワイトゴールド」です。

シルバーとプラチナに比べると

その差がはっきりと分かる程のグレー感が強いです。


2.

【構成物質の違い 

母体となる金属の色 

 シルバー      「白 - 純銀」 

     プラチナ      「白 - 純プラチナ」 

 ホワイトゴールド  「黄色 - 純金


一般的にジュエリーとしてよく使われている

「シルバー925」と「プラチナ900」は

約90%と以上が純銀と純プラチナで

構成されている合金金属です。


しかし、ホワイトゴールド(K18)は

母体となる金属が黄色い「金」


黄色い色の「金」に

25%の白い金属(ロジウム、シルバーなど)を

混ぜたのが「ホワイトゴールドK18」となります。


黄色素材を白い素材で白くしたので、

多少黄色味のある白(グレー)になるのです。



3.

【変色と強度の違い 


<シルバー>

「汚れで変色が起きやすい、比較的に強度が弱い」 


 <ホワイトゴールド>

「条件によっては変色の恐れあり、比較的に強度が強い」 


 <プラチナ>

「変色の恐れがほとんどない、比較的に強度が強い


金属には叩けば叩くほど硬くなる

「金属疲労」という性質があります


金属の中の密度がより高くなることで、

指輪の変形が起きにくくなるのです。


つまり、鋳造品

(型に溶かした金属を流して作る大量生産式)よりは


MOUVの指輪のように鍛造製法品

(金属の塊を伸ばして叩いて作るジュエリー)の方が

比較的に硬くなるので、永くお使いいただくためには

是非製造方法をご確認ください。


変色につきましては、

シルバーは変色防止メッキ加工を行うことで

多少変色を防ぐことお可能ですが、

日常生活中の傷や摩擦によって段々メッキの層が

剥がれて変色が進むことになります。

ただ、「毎日つける=変色防止」の効果を得られます。


ホワイトゴールドはその母体が「金」なので

条件によっては多少変色が進みます。

老廃物や汚れなどが付着したまま長期間放置されると

変色の原因となりますのでご注意が必要となります。


プラチナが結婚指輪として最も愛されているのは

硬い性質と「変色しない」からではないでしょうか。

プラチナは汚れや化学物質などにも反応しにくいので、

変色しまうことなく、永くお使いいただけます。


とはいえ、ホワイトゴールドもシルバーも他の金属も

それぞれが持つ特徴と魅力があるので

ご自身の好みに合わせて

色を選んでみるのはいかがでしょうか。











Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。